三重県津市・津あけぼの座のホームページです。

HOME > みえのみんなの演劇祭  広田ゆうみ+二口大学 別役実「部屋」

2022年9月10日(土)・11日(日)
広田ゆうみ+二口大学
「部屋」
作:別役実 演出:広田ゆうみ
出演:広田ゆうみ・二口大学

チケット予約受付中!



(クリックすると拡大画像が表示されます)

──あなた、帰ってきたのよ、私……。
  もうあなたがここにいないだろうことは、わかっていたけど……。

演劇ユニット「このしたやみ」による「猫を探す」の2022年ツアーも好評の内に終了した中で、俳優・広田ゆうみと二口大学による、日本の不条理演劇の第一人者・別役実の上演は今年も開催されます。2017年「いかけしごむ」、2018年「この道はいつか来た道」、2019年「クランボンは笑った」、2020年「眠っちゃいけない子守歌」、2021年「受付」につづく、今年は「部屋」。
広田+二口企画は2010年に結成、別役実作品の上演を中心に、文藝作品などに広田・二口が出演して取り組んでいます。
 「部屋」は1985年に初演。

打ち棄てられたアパートの一室。
テーブルの上には、あの日のお茶がそのままに。
まだ寒かった頃。まだあなたと暮らしていた頃。
あの日出ていったこの部屋に、再び女は帰ってきた。
やがて部屋の扉が開き、一人の男が現れる。

三重公演を皮切りに、長野・上田公演、愛媛・松山公演と続きます。

広田ゆうみ+二口大学「部屋」詳細

催事名
広田ゆうみ+二口大学
「部屋」
別役実
演出
広田ゆうみ
出演
広田ゆうみ
二口大学
開催日時
9月10日(土)・11日(日) 全2公演
9月10日(土)19時開演★
9月11日(日)14時開演
※受付開始・開場は開演の30分前から
※★はアフタートーク開催
ゲスト 松原豊さん(写真師・Office369番地)
開催場所
津あけぼの座
(津市上浜町3丁目51)
近鉄名古屋線江戸橋駅下車徒歩3分
※津あけぼの座には駐車場がございません。公共交通機関をご利用ください。
入場料
一般 前売・予約・当日 2500円
U-22 前売・予約・当日 1000円
※U-22は22歳以下の方ならどなたでも適用いたします。当日年齢が分かるモノをご提示下さい。
スタッフ
宣伝美術:橋本純司(橋本デザイン室)
制作:油田晃(特定非営利活動法人パフォーミングアーツネットワークみえ)
主催
広田二口企画
特定非営利活動法人パフォーミングアーツネットワークみえ
津あけぼの座
京都芸術センター制作支援事業
助成
公益財団法人 岡田文化財団

津あけぼの座支援会員適用公演 利用できます


支援会員制度について詳しくはこちら

チケット予約受付中

チケット予約はGoogleフォームで受け付けます。
下記、ご予約ページからジャンプします。

広田ゆうみ+二口大学「部屋」チケット予約へ

支援会員の皆様はこちらよりご予約下さい
支援会員ページ

電話予約

津あけぼの座での電話予約を承ります。
お名前(フルネーム)・枚数・連絡先などをお伺いいたします。
059-222-1101(津あけぼの座事務局)

お問い合わせ 津あけぼの座

Tel:059-222-1101(平日10時〜18時) Fax:059-222-1109
Mail:info@akebonoza.net

別役実(べつやく・みのる)

劇作家・1937年旧満州生。早稲田大学政経学部中退。67年「マッチ売りの少女」「赤い鳥の居る風景」で岸田國士戯曲賞を受賞。87年「ジョバンニの父への旅」「諸国を遍歴する二人の騎士の物語」で芸術選奨文部大臣賞を受賞。08年日本に不条理劇を定着させた長年にわたる優れた劇作活動に対し朝日賞を受賞。戯曲をはじめ、エッセイ・評論・童話等著書多数。2020年3月逝去

広田二口企画

広田+二口企画は2010年に結成、広田が演出、二口・広田が出演し、別役実作品の上演や、文藝作品の朗読にに取り組む。


(「受付」 2021年 津あけぼの座)

ブログ:広田+二口企画の日々

LINE


ロゴをクリック!!

催事情報

三重県を中心とした舞台芸術情報サイト
「ぱふぉ」でも紹介されています。
インタビューなどもあり。ご覧くださいませ。
ロゴをクリックするとジャンプします。