三重県津市の小劇場・津あけぼの座/四天王寺スクエアのホームページです。

Aゲキシリーズ Vol.19
2014年10月31日(金)~11月2日(日)全4公演
烏丸ストロークロック
短編「神ノ谷第二隧道」
脚本・演出:柳沼昭徳 



(画像をクリックすると拡大表示します)

AゲキシリーズVol.19は烏丸ストロークロックが2年ぶりに登場!

秋のAゲキシリーズ。16「かのうとおっさん」、17「紙風船」、18「青年団リンク ホエイ」と登場して、19では、2年ぶりに烏丸ストロークロックが津あけぼの座スクエアへ登場いたします。津あけぼの座スクエアこけらおとしとして上演された烏丸ストロークロック短編集「仇野の露(あだしののつゆ)」から、第2話が大きく発展して、2013年の上演「国道、業火、背高泡立草」を上演。今回の短編「神ノ谷第二隧道(かみのたにだいにずいどう)」は、2013年作品でも舞台となっている大栄町(だいえいちょう)を描くスピンオフ作品。伊丹・東京公演を経て、千穐楽が津あけぼの座スクエアとなります。烏丸ストロークロックの独自世界をご堪能下さい。

公演詳細

催事名
Aゲキシリーズ Vol.19
烏丸ストロークロック
短編「神ノ谷第二隧道」
脚本・演出
柳沼昭徳
出演
阪本麻紀・桑折現・柏木俊彦・今井美佐穂・弘津なつめ
音楽
山崎昭典・中川裕貴(N.O.N.swimm)
公演日時
10月31日(金)~11月2日全4公演
10月31日(金) 19:30開演
11月1日(土) 14:00開演/18:00開演
11月2日(日) 14:00開演
(開場は開演30分前)
会場
津あけぼの座スクエア
津市栄町1丁目888 四天王会館3F
(JR・近鉄・伊勢鉄道津駅東口より徒歩8分)
※駐車場はございません。公共交通機関をご利用ください。
入場料
一般 前売・予約 2500円・当日 3000円
U-22 前売・予約 1000円・当日 1500円
※U-22割は 22才以下の方ならどなたでも適用されます。精算時に証明するものをご呈示下さい。
スタッフ
舞台監督 山中秀一
照明デザイン 魚森理恵
照明操作 澤雅展
舞台美術 杉山至
宣伝美術 六川クリエイト・橋本純司
制作協力 有限会社quinada、秋津ねを(ねをぱぁく)
主催
烏丸ストロークロック
共催
特定非営利活動法人パフォーミングアーツネットワークみえ
津あけぼの座スクエア

烏丸ストロークロック

 1999年・近畿大学演劇・芸能専攻に在学中だった柳沼昭徳(劇作・演出)を中心とするメンバーによって設立。以降、京都を中心に、大阪・東京で公演活動を行う。
叙情的なセリフと繊細な演出で、現代人とその社会が抱える暗部をモチーフに舞台化する。
「演劇(舞台)でしか表現できない作品」「世代・趣味趣向を超えて心に訴えかける作品」を作品作りのポリシーに掲げ、多作を消費的に発表するのではなく、一つのコンセプト・題材に対し、中長期的に様々な角度からのアプローチを試みた連作を発表する活動形態をとっている。

柳沼昭徳(やぎぬま・あきのり)

1976年京都市生まれ。高校演劇部を経て近畿大学で演劇を専攻。
在学中の1999年に「烏丸ストロークロック」を旗揚げ、代表をつとめ、全ての作品において劇作・演出を担当。演劇でしかできない再生不可能な空間づくりをめざし、近年では社会と個人との関わりに目を向けた作品を手がけている。また各地で高校生、大学生、社会人を対象とした演技ワークショップ・演出ワークショップを行い、2010年より劇研アクターズラボ講師、2011年に桐朋学園短期大学非常勤講師など。現在、京都舞台芸術協会理事長。

LINE公式アカウント

津あけぼの座・四天王寺スクエア
LINE公式アカウントができました。


ロゴをクリック!!

催事情報

三重県を中心とした舞台芸術情報サイト
「ぱふぉ」でも紹介されています。
インタビューなどもあり。ご覧くださいませ。
ロゴをクリックするとジャンプします。

4月7日(金)
津あけぼの座

菊丸落語 その4
チケット予約受付中!

4月14日(金)~16日(日)
津あけぼの座

AゲキシリーズVol.32
百景社×津あけぼの座
春だ一番!太宰さんまつり!
チケット予約受付中!

4月22日(土)
津あけぼの座

オンリーワン
清水宏の一人芝居~清水宏の炎の演劇部~
チケット予約受付中!

4月23日(日)
津あけぼの座

清水宏のお笑いヨットスクール
チケット予約受付中!

5月20日(土)・21日(日)
津あけぼの座

AゲキシリーズVol.33
空宙空地「声にならない」関連企画
ミるとエんじるワークショップ3
参加申込受付中!

スマートフォンで公演チラシを観ることができますよ!

「関西チラシ手帖」に登録しています。詳しくはスマホをクリック!