三重県津市の小劇場・津あけぼの座/津あけぼの座スクエアのホームページです。

2014年5月31日(土)〜6月1日(日)
Aゲキシリーズ Vol.14
OFT
「わたしの焦げた眼球/遠視」
脚本・演出:田辺剛(下鴨車窓)

・4月20日(日)田辺剛 演劇ワークショップ終了しました 詳しくはこちら



(チラシをクリックすると拡大いたします)


AゲキシリーズVol.14は、京都・田辺剛ひきいるOFTが登場!

津あけぼの座・津あけぼの座スクエアが全国のパフォーミングアーツから選りすぐってお送りするAゲキシリーズ。Vol.14は、OFTが登場します。
 OFT(おふと)は、京都を拠点に活動する劇作家・演出家の田辺剛と、同じく京都で活動する俳優3名(大沢めぐみ、藤原大介、高杉征司)による演劇ユニット。田辺氏の作品にも出演し信頼の厚い俳優陣と濃密な舞台をつくり、それを多くの地域で上演したいという考えから企画。
 田辺氏は近年「現代世界からは時代も場所も遠く離れた世界」を設定し、名前を持たないような登場人物たちによる不条理性の強い物語を創作していますが、今回は現代日本のある地方都市を舞台にしています。淡々としたリアルな描写の中にも歪んだ不条理性を滲ます、酷暑の男女三人の物語。

あらすじ

シンキロウかと思った。なんか全部、じゃなかった、
だったら良かったのに、とかむしろ、

 とある小さな地方都市。その夏は例年にない酷暑で、ダムも干上がってしまうほどだった。町では給水車が走り、道には人影もあまりないように感じられた。みんな家の中にこもってじっとしているんじゃないか、この暑さが去るのを祈って。そんな想像が働く。
 安アパートの角部屋に住む夫婦だ。実際にその夫は祈らんばかりの気持ちでいた。給水車が来る時間だ、近所のスーパーまでポリタンクを持っていかねば。持っていくのはまだしも、持って帰ることを考えると憂鬱になる。けれども水無しには生きていけないから、妻だってまだ諦めてはいないはずだから、もろもろ。

OFTサイト http://tana2yo.under.jp/oft

公演詳細

催事名
Aゲキシリーズ Vol.14
OFT 演劇公演
わたしの焦げた眼球/遠視
脚本・演出
田辺剛(下鴨車窓)
出演
大沢めぐみ
藤原大介(劇団飛び道具)
高杉征司
公演日時 
2014年5月31日(土)~6月1日(日)全2公演
5月31日(土) 19:35開演★
6月 1日(日) 14:00開演
※受付は開演30分前から、15分前から客席へご案内いたします。
※受付にて整理番号券をお渡しします。前売チケットをお持ちの方とあらかじめご予約いただいた方を優先してご案内いたします。
★・・・終演後にトークイベントがございます。
公演会場
津あけぼの座
(津市上浜町3丁目51)
近鉄名古屋線・江戸橋駅より徒歩2分
※津あけぼの座に駐車場はございません。
※公共交通機関をご利用下さい。
入場料
前売・予約・当日共料金は同じです
一般 2,500円/ペアチケット 4,300円
ユース(25歳以下) 1,800円
U-22割 1,000円
※ペアチケットは、入場券を二枚一組で販売します。日時指定が別途必要です。
※ユースとU-22割の方は、当日劇場にて精算時に身分や年齢を確認できる証明書などのご提示が必要です。
※当日券は残席数に応じて販売いたします。また、ご入場の際は開演直前のご案内となります
主催
特定非営利活動法人パフォーミングアーツネットワークみえ
津あけぼの座(芸術監督:鳴海康平)
下鴨車窓
京都芸術センター支援事業

チケット予約

チケット予約を受け付けております。
開演時間の「●」をクリックすると予約ページに移ります。

携帯からの予約はこちらをクリック!



[PR] Facebook婚活 一目均衡表 FX クレジットカードおすすめ メンズエステ

電話予約

津あけぼの座での電話予約を承ります。
お名前(フルネーム)・希望観劇日時・枚数・連絡先などをお伺いいたします。
059-222-1101(津あけぼの座事務局)

ごひいきさん・ごひいきさんハーフ 利用できます

ごひいきさん・ごひいきさんハーフについて詳しくはこちら

割引適用

この催事は、リピート割とU-22割を適用いたします。






割引について詳しくはこちら

お問い合わせ

OFT (主催=下鴨車窓)  050-5885-3347
oft@tana2yo.under.jp

津あけぼの座 059-222-1101
info@akebonoza.net

2014年4月20日(日)
田辺剛 演劇ワークショップ
演技を考えるワークショップ「想像で身体を押し広げてみる」

田辺剛さんによる演劇ワークショップを開催!

「想像で身体を押し広げてみる」と題しての演技ワークショップ。台本には台詞が書いてありますが、別の見方をすると台詞しか書いてありません。一方で俳優がしなければならないことは台詞を言うだけではありません。台本=テキストと実際にしなければいけないことの間にある空白に注目して、演技を考える時間となります。テキストには5月上演のOFTの作品も登場してきます。

催事名
田辺剛 演劇ワークショップ
演技を考えるワークショップ「想像で身体を押し広げてみる」
講師
田辺剛(下鴨車窓)
開催日時
4月20日(日)13時~17時
※終了後、懇親会あり
開催場所
津あけぼの座
(津市上浜町3丁目51)
近鉄江戸橋駅下車徒歩3分
※津あけぼの座には駐車場がございません。公共交通機関のご利用をお願いいたします。
募集対象
演劇に興味のある方
演劇経験は問いません。
参加費
一般 2000円・U-22 1000円(テキスト代等を含みます)
※U-22は、22歳以下の方を指します。
定員
15名(先着順)
応募方法
お名前・所属(あれば)または学校名・ご連絡先(携帯可)・メールアドレスを書いて、
info@akebonoza.net 宛にメールをお送りください。
メールを確認しましたら、折り返しご連絡をさせていただきます。
締切
4月15日(火)
※それ以前に定員に達した時は募集を締め切ります。
※締切日以降、ご案内を送付いたします。
お問い合わせ
津あけぼの座
059-222-1101

田辺剛

田辺剛(たなべ・つよし)・・・劇作家、演出家。劇場「アトリエ劇研」ディレクター。
現在は京都市に在住し創作活動を続けている。
2005年に『その赤い点は血だ』で第11回劇作家協会新人戯曲賞を受賞。
2006年秋より文化庁新進芸術家海外留学制度で韓国・ソウル市に1年間滞在し劇作家として研修する。
2007年に『旅行者』で第14回OMS戯曲賞佳作を受賞。

LINE公式アカウント

津あけぼの座・四天王寺スクエア
LINE公式アカウントができました。


ロゴをクリック!!

催事情報

三重県を中心とした舞台芸術情報サイト
「ぱふぉ」でも紹介されています。
インタビューなどもあり。ご覧くださいませ。
ロゴをクリックするとジャンプします。

4月7日(金)
津あけぼの座

菊丸落語 その4
チケット予約受付中!

4月14日(金)~16日(日)
津あけぼの座

AゲキシリーズVol.32
百景社×津あけぼの座
春だ一番!太宰さんまつり!
チケット予約受付中!

4月22日(土)
津あけぼの座

オンリーワン
清水宏の一人芝居~清水宏の炎の演劇部~
チケット予約受付中!

4月23日(日)
津あけぼの座

清水宏のお笑いヨットスクール
チケット予約受付中!

5月20日(土)・21日(日)
津あけぼの座

AゲキシリーズVol.33
空宙空地「声にならない」関連企画
ミるとエんじるワークショップ3
参加申込受付中!

スマートフォンで公演チラシを観ることができますよ!

「関西チラシ手帖」に登録しています。詳しくはスマホをクリック!