三重県津市の小劇場・津あけぼの座/津あけぼの座スクエアのホームページです。

2012年3月9日(金)~11日(日)全3公演
津あけぼの座スクエアこけらおとし公演
烏丸ストロークロック公演
「短編集:仇野の露」
台本・演出:柳沼昭徳



(クリックすると拡大画像が表示されます)

2012年3月6日(火)~8日(金)・10日(土)開催

烏丸ストロークロック演劇ワークショップ<br/>「恋したわたし~津編~」

2012年4月~2013年2月開催

Mゲキ!セレクション 烏丸ストロークロック「業火(仮)」 関連企画<br/>烏丸ストロークロック演劇ワークショップ <br/>「ひとまち、アーカイヴ」

こけらおとしまで待てない!Ustream配信!!

津あけぼの座スクエアこけらおとしまで待てない!Ustream配信!!


 1999年の旗揚げから京都をはじめ関西を中心に活動を続けてきた烏丸ストロークロック。今年2012年、およそ10年ぶりに三都市ツアーを敢行!
2010年の夏に京都のアトリエ劇研演劇祭にて上演をし、幅広い観客層から支持を得た『短編集:仇野の露』が、舞鶴・津・岡山にやってきます。
津公演の会場は、こけらおとし公演ともなる津市栄町「津あけぼの座スクエア」。

 作品の上演だけでなく、烏丸ストロークロックが温め続けてきた「他都市の人々と作品を共有する」活動の足がかりとして演劇ワークショップも昨年10月の高校生ワークショップに続き、今回は同時開催。公演中の3月10日(土)16時からはワークショップの発表公演もございます(観劇無料)。観て、そして体験して、カラスマワールドをお楽しみください。

作品の周辺





 タイトルにある「仇野(一般的には化野と書きます)」は、京都市内の西端に位置する嵯峨野の地名で、あだし野念仏寺というお寺はポピュラーな観光スポットとしてシーズンには観光客で賑わいます。
 あだし野の「あだし」は虚しい、儚いという意味ですが、その名の表すとおり、かつてこの地は東山の鳥部山と並ぶ一大葬送地でした。
 風葬の時代には無数の亡骸が横たわり、そして土葬の時代になってからは石仏があちらこちらに祀られ、時間の流れと共に忘れさられていきました。

 吉田兼好の徒然草にこうした一節があります。

「あだし野の露消ゆるときなく、鳥部山の煙立ち去らでのみ、住み果つるならひならば、いかにもののあはれもなからん。世は定めなきこそ、いみじけれ。」
(徒然草 第七段)

 あだし野の墓場の露が消えるように人の命は儚く、鳥部山の火葬場の煙が立ち去らず、人間が永遠に生きるものだとしたら、それも趣のないことだろう。人生は見通せないからこそ、素晴らしいのだ。

 この短編集では日々せわしなく生きる私たちが、何気なく見過ごしてしまうであろう日常に光を当てて、そこから新しい価値を見出そうとしてみました。

作品について・ストーリー

 結婚、お金、老後といった多くの人が直面する普遍的な問題を抱えた20代から70代までの男女3組が、困難や窮地に追い込まれる中で強く結びつく様を、深い洞察と繊細なタッチによって描く、まさに烏丸ストロークロックの真骨頂とも言うべき作品。
 このツアーでは、初演と同様に音楽家・ギタリストの山崎昭典氏、そして津あけぼの座スクエアこけらおとし公演のみのチェロ・ギター奏者の中川裕貴氏も加わった生演奏を交え、劇空間の色彩を高めます。


前回公演写真から
(撮影:東直子)

第一話『ある頂(あるいただき)』

今回のツアーに新たに追加される作品。7年間に渡るニート生活から脱出し、晴れて安定職を手にした男と、それを手助けした恋人。ある雨の夜、男が一つの区切りをと持ちかけた結婚話を発端に次々と明らかとなる衝撃的な事実。
出演:田中浩之(Will be SHOCK Entrance Gate)・村井春也。(何色何番)

第二話『怪火(かいか)』

バブル崩壊時に思春期を経験したロストジェネレーションと呼ばれる30代半ばの夫婦。社会の成り立ちに懐疑的になりながらも、経済的、物質的な幸福を追い続けた夫婦の転落劇。
出演:阪本麻紀・桑折現


前回公演写真から
(撮影:東直子)

第三話『仇野の露(あだしののつゆ)』

認知症の妻とそれを介護する夫の物語。戦争孤児、結婚、出産、子育てと、錯綜する妻の記憶が綴る二人の人生。思い出の切れ端は、京都の西の端のうら寂しい寺にたどりつく。
出演:中嶋やすき(劇団ひまわり)・新田あけみ


前回公演写真から
(撮影:東直子)

公演詳細

催事名
烏丸ストロークロック公演
「短編集:仇野の露(あだしののつゆ)」
津あけぼの座スクエアこけらおとし公演
台本・演出
柳沼昭徳
作曲・演奏
山崎昭典
ゲスト演奏
中川裕貴(N.O.N. swimm)
出演
阪本麻紀
桑折現
中嶋やすき(劇団ひまわり)
新田あけみ
村井春也。(何色何番)
田中浩之(Will Be SHOCK Entrance Gate)
日時
3月 9日(金) 19:30開演☆
3月10日(土) 19:30開演
3月11日(日) 14:00開演
(全3公演 開場は開演の30分前から)
☆は終演後、アフタートークあり。
アフタートーク出演者
烏丸ストロークロック 柳沼昭徳
三重県文化会館事業推進グループリーダー 松浦茂之さん
津あけぼの座・津あけぼの座スクエアプログラムディレクター 油田晃
場所
津あけぼの座スクエア(近鉄・JR・伊勢鉄道津駅下車 東口より徒歩10分)
※会場は津あけぼの座でございませんのでご注意ください。
料金
一般 2000円・高校生以下 1500円(前売・予約・当日共)
※前売・予約で予定数に達した場合当日券の発売を行わないことがございますことをご了承ください。
スタッフ
照明:澤雅展・音響:柳沼昭徳
美術製作:烏丸ストロークロック・宣伝美術:六川クリエイト
制作:烏丸ストロークロック/川那辺香乃(トリコ・A)
主催
烏丸ストロークロック
共催
特定非営利活動法人パフォーミングアーツネットワークみえ
津あけぼの座スクエア
協力
三重県文化会館
後援
特定非営利活動法人劇研
三重県高等学校演劇連盟
製作支援
京都芸術センター
助成
芸術文化振興基金

烏丸ストロークロック

 1999年・近畿大学演劇・芸能専攻に在学中だった柳沼昭徳(劇作・演出)を中心とするメンバーによって設立。以降、京都を中心に、大阪・東京で公演活動を行う。
叙情的なセリフと繊細な演出で、現代人とその社会が抱える暗部をモチーフに舞台化する。
「演劇(舞台)でしか表現できない作品」「世代・趣味趣向を超えて心に訴えかける作品」を作品作りのポリシーに掲げ、多作を消費的に発表するのではなく、一つのコンセプト・題材に対し、中長期的に様々な角度からのアプローチを試みた連作を発表する活動形態をとっている。

柳沼昭徳(やぎぬま・あきのり)



1976年京都市生まれ。高校演劇部を経て近畿大学で演劇を専攻。
在学中の1999年に「烏丸ストロークロック」を旗揚げ、代表をつとめ、全ての作品において劇作・演出を担当。演劇でしかできない再生不可能な空間づくりをめざし、近年では社会と個人との関わりに目を向けた作品を手がけている。
また各地で高校生、大学生、社会人を対象とした演技ワークショップ・演出ワークショップを行い、2010年より劇研アクターズラボ講師、2011年に桐朋学園短期大学非常勤講師など。
主な作品:「漂泊の家~八月、鳩は還るか~」・「福音書」
主な演出:AAFリージョナル・シアター2011
     京都舞台芸術協会プロデュース公演『異邦人』(作:山岡徳貴子)

阪本麻紀(さかもと・まき)



1978年和歌山生まれ。高校より演劇活動を始める。近畿大学文芸学部芸術学科演劇・芸能専攻を卒業後、2003年『福音書』から烏丸ストロークロックのメンバーとなり、以降、俳優、音楽、制作を担当する。劇団外では劇団八時半・魚灯・ニットキャップシアター・スクエア等に出演。近年では俳優としての活動のほか、小中高生を対象にした表現教育の指導に携わる。

「短編集:仇野の露」三都市ツアー

 他会場は以下の通りです。

舞鶴公演

日時:2月19日(日) 13:00開演・16:00開演
会場:まいづる智恵蔵
京都府舞鶴市字北吸1039番地の12 舞鶴市政記念館西隣
まいづる知恵蔵ホームページ http://chiegura.jp/

岡山公演

日時:3月17日(土) 14:00開演・19:00開演
   3月18日(日) 14:00開演
会場:上之町會舘
岡山市北区天神町9-39 岡山市立オリエント美術館西隣 甚九郎稲荷境内
上之町會舘ホームページ http://kaminocho.jp/

お問い合わせ

烏丸ストロークロック

Tel:070-6682-6900(制作担当:さかもと/かわなべ)
Mail:info@karasuma69.org
http://karasuma69.org

津あけぼの座

Tel:059-222-1101 Fax:059-222-1109
Mail:info@akebonoza.net

3月6日(火)~8日(木)・10日(土)
烏丸ストロークロック演劇ワークショップ
「恋したわたし~津編~」


(クリックすると拡大画像が表示されます)

烏丸ストロークロック演劇ワークショップの第2弾は「恋したわたし~津編~」。
三重に住む60歳以上の男女3人に「初恋」について聴き取りを行い、そこから作られた台本を参加者の皆さんでお芝居に創りあげてゆきます。
2011年10月に行われた第1弾ワークショップ「ハイスクール編:自分が他人になるためのファーストステップ」に続いて、第2弾では、3日間のワークショップと最終4日目に「短編集:仇野の露」の公演会場「津あけぼの座スクエア」にて発表公演を行います。
 4日間のワークショップ、演劇経験の有無は問いません。是非ご参加ください。

募集要項

催事名
烏丸ストロークロック 演劇ワークショップ
「恋したわたし~津編~」
日時
第1回:3月6日(火) 19:00~22:00
第2回:3月7日(水) 19:00~22:00
第3回:3月8日(木) 19:00~22:00
発表公演:3月10日(土) 16:00~
『短編集:仇野の露』と同じ舞台!
参加資格
高校生以上の方 演劇経験の有無は問いません。
4日間の参加ができる方
定員
10名程度(先着順)
会場
津あけぼの座スクエア
(近鉄・JR・伊勢鉄道津駅下車 東口より徒歩10分)
参加費
3,500円(4回分)
募集締切
2月26日(日)必着

発表公演

 3月10日(土) 16:00から「恋したわたし~津編~」の発表公演の模様。

(写真はリハーサルです)




お問い合わせ

烏丸ストロークロック

Tel:070-6682-6900(制作担当:さかもと/かわなべ)
Mail:info@karasuma69.org
http://karasuma69.org

津あけぼの座

Tel:059-222-1101 Fax:059-222-1109
Mail:info@akebonoza.net

Mゲキ!セレクション 烏丸ストロークロック
「業火(仮)」 関連企画
烏丸ストロークロック演劇ワークショップ
「ひとまち、アーカイヴ」

参加者募集中!

2012年4月~2013年2月じっくり演劇と向き合う1年間のワークショップ&舞台発表

昨年10月の高校生ワークショップ・今年3月のワークショップ「恋したわたし~津編~」に続く、第3弾ワークショップは三重県文化会館と津あけぼの座を会場におよそ1年間かけて行います。
烏丸ストロークロックと三重で出会った人たちが1年間かけてオリジナル作品を創作し、発表公演まで行います。俳優訓練のみならず、劇作・演出にも及ぶ総合的な「演劇ラボ」。2013年3月には三重県文化会館小ホールで烏丸ストロークロックは新作「業火(仮)」上演。
「作品をただ上演するだけでなく、地域に住む人々の声を聞き、出会いを大切にしたい」と語る烏丸ストロークロックならではの濃密ワークショップです。

募集要項

※お申し込み先が三重県文化会館となりますので、ご注意ください。
※また、オーディションを経てのワークショップ参加となります。

催事名
Mゲキ!セレクション 烏丸ストロークロック「業火(仮)」 関連企画
烏丸ストロークロックの演劇ワークショップ
「ひとまち、アーカイヴ」
申込条件
高校生以上の男女(上限なし)
原則 上全下記日程に参加可能であること
演劇経験の有無は不問
申込方法
必要事項を明記の上、お申し込みください。
[郵送] 〒514-0061 三重県津市一身田上津部田1234
三重県文化会館「ひとまちアーカイヴ」係
※締切日「必着」です。ご注意ください
[Fax] 059-233-1106
※件名に「ひとまちアーカイヴ」と明記ください
※件名を「ひとまちアーカイヴ」とし、本文に必要事項を明記してください
必要事項
1 名前
2 年齢
3 性別 
4 住所 
5 連絡先(電話番号・E-mail) 
6 所属・活動歴 ※未経験者も歓迎です
申込締切
2012円4月13日(金)必着
定員
10名
参加料
全日程通し 10,000 円(税込)
※ ワークショップ初日にお支払ください。
※ お申込み時、オーディション受講時には参加料はかかりません。
お問い合わせ
三重県文化会館 059-233-1100
お電話での申込は承りません。お問い合わせのみ受付します。
主催 
三重県文化会館[指定管理者:(公財)三重県文化振興事業団]
特定非営利活動法人パフォーミングアーツネットワークみえ
津あけぼの座

スケジュールと会場

申込締切
2012年4月13日(金)必着
オーディション
2012年4月21日(土)
三重県文化会館 レセプションルーム
オーディションにより参加者を決定します。お申込みの方は、必ずご参加ください。
ワークショップ形式のオーディションを予定しています。
※オーディション開催時間は申込締切後に申込者全員にお知らせいたします。
※オーディションのみの参加は承りませんのでご了承ください。
ワークショップ1
2012年4月28日(土)・29日(日)
津あけぼの座
ワークショップ2
2012年5月26日(土)・27日(日)
三重県生涯学習センター 3階スタジオ
ワークショップ3
2012年6月23日(土)・24日(日)
三重県生涯学習センター 3階スタジオ
ワークショップ4
2012年7月21日(土)・22日(日)
津あけぼの座
ワークショップ5
2012年9月1日(土)・2日(日)
津あけぼの座
ワークショップ6
2012年9月29日(土)・30日(日)
津あけぼの座
ワークショップ7
2012年10月27日(土)・28日(日)
津あけぼの座
ワークショップ8
2012年12月1日(土)・2日(日)
三重県文化会館 第2リハーサル室
ワークショップ9
2012年12月22日(土)・23日(日)
三重県文化会館 第2リハーサル室
ワークショップ10
2013年1月26日(土)・27日(日)
三重県文化会館 第2リハーサル室
集中稽古
2013年2月19日(火)~24日(日)
三重県文化会館 小ホール
発表公演
2013年2月24日(日)14時00分開演予定
三重県文化会館 小ホール
観劇は無料予定

三重県文化会館ホームページ

三重県文化会館
烏丸ストロークロックの演劇ワークショップ「ひとまち、アーカイヴ」紹介ページ

Mゲキ!!!!!セレクション

全国的に注目されつつある若手劇団や、若手劇作家・演出家を
三重県文化会館が独自にセレクトし、自信を持ってオススメするステージ。
それが、Mゲキ!!!!!セレクションです。烏丸ストロークロックは2013年3月に上演!
Mゲキ!!!!!セレクション

津あけぼの座スクエア
こけらおとしまで待てない!!Ustream配信!!
アーカイブ

 3月9日(金)が津あけぼの座2つ目の劇場となる津あけぼの座スクエアのこけらおとし。津あけぼの座スクエアでは、3月6日から、毎日劇場からUstreamを使って、映像配信を行いました。アーカイブはこちら。ご覧ください。

3月6日(火)
「こけらおとし公演 烏丸ストロークロックに聞く」
阪本麻紀(烏丸ストロークロック 俳優)
油田晃(津あけぼの座・津あけぼの座スクエアプログラムディレクター)

3月6日配信分はこちらから

3月7日(水)
「地域の演劇環境を盛り上げるために」
田中綾乃(三重大学人文学部准教授)
油田晃(津あけぼの座・津あけぼの座スクエアプログラムディレクター)

3月7日配信分はこちら

3月8日(木)
「津あけぼの座スクエアはこうなっています」
山中秀一(津あけぼの座・津あけぼの座スクエアテクニカルディレクター)

3月8日配信分前半はこちら

3月8日配信分後半はこちら

3月9日(金)
「津あけぼの座スクエアこけらおとし テープカット式」

3月9日配信分はこちら

  • 3月9日(金)
    • 「短編集:仇野の露」アフタートーク
    • 映像配信の予定でしたが、本編の内容のトークが中心ですので、配信は見送りとさせていただきます。
    • なお、模様のみ写真で掲載します。



LINE公式アカウント

津あけぼの座・四天王寺スクエア
LINE公式アカウントができました。


ロゴをクリック!!

催事情報

三重県を中心とした舞台芸術情報サイト
「ぱふぉ」でも紹介されています。
インタビューなどもあり。ご覧くださいませ。
ロゴをクリックするとジャンプします。

3月22日(水)
津あけぼの座

AUGm meeting Vol.26
参加申し込み受付中!

3月25日(土)
津あけぼの座

シアターコミュニケーションⅡ
参加申し込み受付中!

4月7日(金)
津あけぼの座

菊丸落語 その4
チケット予約受付中!

4月14日(金)~16日(日)
津あけぼの座

AゲキシリーズVol.32
百景社×津あけぼの座
春だ一番!太宰さんまつり!
チケット予約受付中!

4月22日(土)
津あけぼの座

オンリーワン
清水宏の一人芝居~清水宏の炎の演劇部~
チケット予約受付中!

4月23日(日)
津あけぼの座

清水宏のお笑いヨットスクール
チケット予約受付中!

スマートフォンで公演チラシを観ることができますよ!

「関西チラシ手帖」に登録しています。詳しくはスマホをクリック!